パンだ

ゆるくまったりと好きなことを好きなように

2022/08/13 徒然

暑いと冷たいものが欲しくなる。特にかき氷。マンゴー味があったら最高。幸運なことに近所に何軒かかき氷を提供してくれるお店があり、買い物ついでとか、何かの予定の帰りとかに寄り道している。

 


写真が薄暗い……のは置いといて。上に乗っているマンゴーが底の方にもごろごろ入っていた。冷凍されているのと大きいのとでなかなか食べ終わらず満足感たっぷり。

 


普段は甘味処なのだけれど、夏の間は曜日限定でかき氷が食べられる。生のマンゴーがとろとろで、果肉入りシロップが上にも中にもかなり多めにかけられていて、一口ごとに「たまらないねえ……!」と幸せを感じていた。他のミックスベリーや宇治抹茶も美味しそうだったから機会見つけてまた食べに行きたい。

 


マンゴーが完売していてショックだったけれど「きゅうりとスパイス」という文字を見て頼まずにはいられなかった。スパイスがたしかに効いているのだけれど何の味かと訊かれたら答えられない。美味しい。シナモン……? いやシナモンじゃないような気がする……? 美味しいしさっぱりした甘さでスプーンが止まらないけれどきゅうり……? みたいに舌と思考があっちこっち行きながら食べ進めていた。カルダモンとかクローブとかそういう感じかな?

 

今夏もう少しかき氷(できればマンゴー味)を食べたいとは思うけれど、出不精ゆえにかき氷のために外出するということもなく……。来夏に持ち越しかな。

 

番外編。ジェラートも好き。


そしてやっぱりマンゴーを選んでしまう。

2022/08/09 徒然

今朝、スポーツ新聞の見出しが目に入った。『市船』。そのスポーツ新聞は買わなかったから記事の内容はわからないのだけれど、昨日の市立船橋興南のことはネット記事で読んでいた。その記事にあったマウンドで膝をついた選手の写真を思い出して今日一日が始まった。帰宅して晩ご飯を食べながら、夫から聖光学院のホームランを「今日イチ良いニュース!」と教えてもらう。その流れで、自分は2009年の中京大中京日本文理の決勝が忘れられないという話になり、どうにか映像を探し当ててあの9回表を2人で観た。結果を知っていて、あの時から10年以上経ったいま観てもドキドキしてしまった。そういえば埼玉県は聖望学園が代表になったのだったか。聖望学園といえば、新聞記事で騎手を目指している野球部の選手が居るのを読んだ覚えがある。何年前か覚えていないけれど、10年ぐらいは前のことかもしれない。その人いまはどうしているのだろう。一個人のことを知る術は無いが、思い出したらちょっと気になってしまった。

2022/08/08 徒然

もうすぐで夏季休暇。だいたい計画倒れになるのだけれど、休みの間に何をするかを書き出してみた。達成できなくても指針となるものはあったほうがいいはず。

  • 机の上を片付ける
    こまごましたものや紙類が多い。散らかっているというわけではないと思うが、視界から受ける雑然とした雰囲気がなんとなく気になっている。
  • 靴下・下着を処分する
    可燃物収集の前日にまとめる。むしろ今やれ。
  • クローゼット内を吊り下げ収納に変える
    薄々感づいてはいたが、洗濯物をたたむという行動に着手することが苦手だ。その結果、後回しにしてしまうことが多い。たたむ行動に取り掛かることに時間がかかるならたたまないようにすればいいはず。とはいえ休暇中に完了するのは難しそうかな……。
  • 浴槽エプロン内の掃除
    そういえば引っ越してから一度もしていない。恐怖。
  • 洗濯槽の掃除
    わざわざ挙げることでもないけれど一応リストアップしておく。
  • シーツ類の取り替え
    そろそろ替えてもいい気がする。
  • 簿記2級の勉強(1日30分~)
    むしろ今やれ。
  • 眉メイクへの挑戦
    実は眉を描いたことがないのだけれど、この年齢になってもそれはまずいのではないかとやっと気が付いた。何からやればいいかわからないし、色とか道具とかもわからないけれど、なんか、ちゃんとしたい。眉だけに限らず、メイクやスキンケアやダイエットやボディケアや色々ちゃんとしたい。身だしなみを整えたい……。
  • 汁椀・平皿の統一
    これは優先順位低め。
  • 冷蔵庫の拭き掃除
    これもわざわざ挙げることでもないけれど一応。
  • 物干しロープを購入する
    買おう買おうと言いつつ後回しになっている。……ってことは実は要らないのか?
  • 全体的に物を減らし、整理整頓する
    以上をまとめるとこれに尽きる。

メモ帳に書き出したときには抜けていたが、ここに「エンディングノートを記入する」を付け加えたい。

こうして見ると、身の回りを整理したいのか。ていねいなくらしができるようなタイプの人間じゃないけれど、目指すところはそれかもしれない。大雑把とかズボラとかだからこそ要るもの・無くても困らないものをわけて、いずれ訪れる秋冬を少しでも楽でいられるように、過ごしやすくなるように、今のうちから備え始めてもいいのではないか。まあ、計画は計画で、達成できなくてもまいっか、な気持ちで。

2022/08/07 徒然

いまの部屋の賃貸契約を更新してきた。
2年前と同様、不動産屋さんのカウンターに夫と2人で座り、契約書類に記入していく。前回は続柄欄婚約者で氏名欄は旧姓だったが、今回は続柄妻になって名字も夫のものを記入した。不思議な感覚だ。
職場では旧姓で呼ばれているからか、新姓のほうに実は慣れていなかったりする。2年経つのにか。そりゃそうよ、週5で旧姓で呼ばれているもの。新姓に慣れないのは旧姓がわりと珍しいものだったから(武士沢ほどではないが)というのもあるかもしれない。人口でいうと数百単位から数十万単位のものに変わった。しかし慣れないと言いつつも、個人的には名字が変わってほっとしている。珍しい名字というのは人見知りの会話下手からするとコミュニケーションの取っ掛かりになって助かったことも多々あるけれど、その助かった感覚を上回る嫌な思い出がこれまでで刻まれてきたから、この名字と離れられると思うとちょっと気持ちが楽になった。

 

いずれは夫の実家に移り住む話になっているから、その前に2人暮らしをしたいと始まったこの生活。2年も他人と日々の営みをともにできたのかという驚きがあるのだけれど、自分より周囲のほうが「よく2年続いたな……」と思っていることだろう。自分も無理だと思ったし、自分より夫のほうが先に音を上げると覚悟していたし、いざとなったら離婚とまではいかなくても別居婚の選択肢もあると提案しようと考えていた。夫の意志の強さや懐の深さをナメていた。意志が強いというか、すぐ諦めて現況を続けないで別の道を探す自分と違って、じゃあどうしたら続けられるか? の方向に舵を切れることが自分には無いものですごいなあと感心してしまう。
自分にとって今冬は底辺だったのだけれど、専門家の力を借りよう、と言ってくれたのは結果的に互いに助かったと思う。感謝したい。薬を飲み始めてそれが合っていたのか、それとも気候が温暖なほうに向かったからかはわからないけれど、どうにか息ができるところにまでは浮上できた気がする。
とは言え落ち込むときは落ち込むもので、今もひとりの時間が確保できないとしんどくなったり、しんどい気持ちを切り替えられなくていつも通り振る舞えなくなったりする。そして夫に要らぬ心配をかけてしまう。しんどいならしんどいと言えばいいのだろうけれど、今のこのしんどさを作ることになったのは自分の選択した結果だから、と思う。この辺りは2年前と変わっていない。変わっていない、というか、2年前に芽生えた意識といえばいいのか。ブログを遡ると似たようなことを吐き出していて情けなくなる。この辺りは変えていきたい。

hrcoo75.hatenadiary.com

まあ今となっては、こういう考えの人もいるのだな、と割り切るようになって幾分かは気が楽になり始めている。
同時に、人には人の辛さやしんどさがあると聞こえの良いことを言いつつ、でも□□できてるじゃん、と他人を羨んだりするのはやめようと思うようになった。反面教師といえばいいのか、こうはなるまい、という具体的なイメージが形作れたのは自分にとってプラスだった。他人を羨むのはダメなのか、とか、嫌なことがあったら直接伝えてくれたらいいじゃないか、とか、よく言うけれど、羨む前にその人が何をしているのかに思いを馳せるべきだし(これは新卒時の先輩社員の受け売り)、直接伝えてくれというのは甘えが過ぎると自分は考える。特に、伝えてくれたら良かったのに、というのは、他人の時間なり労力なり何らかのリソースを割かせるようなそれほどの価値が己にあるのかを考えるほうが先だと思う。それもせずに相手に負の矛先を向けるのは違うのではないか。と、自戒も込めて。

 

とりあえずまた2年。再来年も賃貸契約は更新できるのか、更新するのか。その前に何かがあるのか。先のことはわからないけれど、なんとか日々をやっていきたい。

2022/07/29 徒然

朝、行ってきまーすと玄関ドアを開けた途端に容赦無く全身を炙ってくる太陽。まとわりつく湿気。職場に着いたときにはもう汗だくよ。汗くさくないか周囲の反応が怖い。

夜、まだ熱気を孕んだ空気のなか家路を辿る間に汗やら何やらで全身べたべた。帰宅即シャワーでさっぱりしてもドライヤーで髪を乾かせばあっという間に元の木阿弥。

もうやだ……いやだ……ッ!

助けてくれーーーーーッ!!!!!!

助けてくれました。

2022/07/23 徒然

晴れ! 待ち望んでいた晴れの日がやってきた。今年は初めて梅干しに挑戦したから、今日ぐらいが晴れだったらうれしいと2週間前ぐらいから天気予報を毎朝毎晩チェックしていた。少し前は曇りだったから梅は干さないほうがいいのかな……と思っていたけれど、もうめちゃあつ! ってぐらいの晴れになったからうれしくなってしまった。

梅干しに挑戦してみようと思ったのは、大分で食べた梅干しが美味しかったから。

これもどうぞ、と出してくれた梅干しも正統派な酸っぱさとしょっぱさで身体に染み渡った。皮がしっかりとしていたし、自家製だったのかもしれない。また食べたい。

1泊2日で旅行してきた - パンだ

この梅干しが忘れられなくて、市販で似たものがあるかもしれないとは思ったけれど、自家製っぽいのなら自分で作ればいいんじゃない? と梅を漬けてみることにした。梅干しは作ったことなかったから良い機会だったのと、いつだかジップロックでも梅を漬けることができると見た記憶があったから、案ずるより産むが易しってことで。

参考にしたのは、白ごはん.comと、北欧、暮らしの百貨店と、旭化成ホームプロダクツのレシピ。

www.sirogohan.com

hokuohkurashi.com

ahp-recipe.jp

近所のスーパーで梅やお塩、ジップロックなどを一揃い購入していざ。お塩がうまく梅にからめられなかったり、空気を抜くのもこんな感じでいいのかなと不安になったりしたけれど、とりあえず数日上下を返して梅酢が上がってくるのを待ってみることにした。

数日後。本当に梅酢が上がっていて感動した。失敗するかと思ったけれどひとまずは良かった……!

あとは晴れの日が訪れるのを待って梅は梅酢に漬けたまま、そっと見守った。

そうしてやってきた晴れの日! 実は今日の前に1日だけ外に干していたのだけれど、その前後は雨やら曇りやらで外に干せなかったから、今日の晴れが待ち遠しかった。竹ザルに干しているイメージがあったけれど収納場所が無いから折り畳める干網を使ってみた。今日で計2日間干したことになるのだけれど、梅はやわらかくなっていて、見た目も梅干しっぽくなっていて、梅干しって自分で作れるんだ……! とじーんとしてしまった。梅は計3日間干して、あとは保存になるのかな? 通り雨があるかもという予報で夜露にあてるというのができていないのだけれど、ひとまずは土用干しまでは到達したからひと安心かも。カビたらどうしようとか色々不安だったからうれしい!

これは1日干しただけの梅。1日干しただけってどんな味がするのだろう……と好奇心にかられて1粒味見してみtしょっっっっっぱ!!!!!! あまりの塩辛さにびっくりしてしまった。

あと1日、明日干せそうかな、梅を干したら、味がなじむという3ヶ月後ぐらいまで保存容器に入れて待ってみようかと思っている。梅酢に戻すか戻さないのかは迷うところ。酸味が強い梅干しのほうが好みだから梅酢に戻したほうが良さそうかな……? 

梅仕事って耳にする目にすることはあっても保存瓶とかハードル高いなあと思っていたのだけれど、1kgぐらいの梅で、ジップロックでできるのなら案外難しくないのかも、と思い始めてきた。まあ、まずは数ヶ月後に梅干しを食べてみて、なのだけれど。いつか、ではなく、3ヶ月後、といったような抽象的ではないちょっと先の楽しみがあると日々なんとかなるでしょう。職場のお昼ごはんにはおにぎり1つを握って持って行っているのだけれど、梅干しおにぎりの日が楽しみ!

2022/07/15 徒然

以前、いつか多肉植物水耕栽培に挑戦したいと書いた。いつかっていまさッ!

hrcoo75.hatenadiary.com

 

近所のスーパーの園芸コーナーで多肉植物が陳列されていたから、エケベリアを購入してみた。どうしてエケベリアにしたのかという理由は特に無く、ブラックキングという品種の黒色と緑色の色合いが良いなあと感じたという単純さ。別に人生の勉強代は経費で落とせねえクソが! と思っているわけではない。ちょっと話逸れるけれどヒプノシスマイクってヒプノティストを連想してしまうよね。

 


水耕栽培に移るには、根っこから土を落として洗い、乾いたら土に伸びていた根っこを切って水につけるとか何とか。水耕栽培は初めてだからググりながら恐る恐る進めてみる。


土を落とす。


ベランダで乾かす。このまま水耕栽培用の根っこが生えず、枯れたらどうしようと不安になるが、キングの生命力に賭けることにする。


水耕栽培用のおしゃれなガラスベースなんてありませんが??? なので、北の勝ワンカップに活けてみる。無事に育ちますように。

 

……というのを本当は3月頃にブログに書くつもりだったが、あれよあれよという間に7月になってしまった。はじめの頃は根っこが全然伸びず心配する毎日だったけれど、暖かくなり始めてからは順調に伸び始めて、いま現在も枯れずにいる。ただ茎や葉がひょろっと長くなって、この状態は徒長というらしい。日照不足、水のやりすぎ、栄養の偏りなど、様々な要因があるようだ。仕立て直しもできるみたいだけれど失敗しない自信が無くて躊躇っている。一般的には見映え悪いのかもしれないけれど、いまの状態もこれはこれで別に悪いとは思っていないからなあ……。仕立て直しするにしても春・秋が良いみたいだからもう少し考えることにする。